September 26, 2019

Please reload

最新記事

回数券コース始めました!!

August 8, 2019

1/5
Please reload

特集記事

ロッテ、佐々木朗希投手の左脚を上げる高さについて

June 7, 2020

ロッテのドラフト1位ルーキーの佐々木朗希投手のフォームは左足をかなり高く上げるという特長があります。160キロを超すボールを投げる佐々木投手を真似して左足を高く上げる選手が多くなるのではと、指導に来ていただいている選手の保護者の方からお話を受けました。


真似すること次第は悪くないのですが、ほとんどの選手がフォームが崩れてしまう危険性があります。佐々木投手の場合、左足を高く上げた時の骨盤はまっすぐ立っています。それは股関節の可動域が広く、お尻まわりや太ももの裏の筋肉の柔軟性があるため、左足を高く上げても骨盤をまっすぐ保つことができます。
しかし、股関節の可動域が狭く、周りの筋肉の柔軟性が低い選手が同じように高く上げると、骨盤がもたれ、上体が反ってしまい(右投手の場合、上体が一塁側に傾いてしまいます。)、体の開きが早くなったり、肘が下がってしまうフォームになってしまったりして、パフォーマンスが低下、肩肘のケガの危険性が出てしまいます。
左足を上げる際は骨盤がまっすぐ立っているところまでしか上げてはいけません。もし、佐々木投手のように高く上げたいのならば、股関節の可動域、お尻周りの、太ももの裏の筋肉の柔軟性を高めて、足を高く上げても骨盤をまっすぐ立てられるようにしましょう。
 

福岡県筑豊地区(飯塚・直方・田川)野球塾・野球教室『ピッチングルーム』https://www.pitching-room.com/

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索