ピッチングフォームの修正はその前の動作を見直そう

こんにちは。

ピッチングフォームの動作で問題が生じた時に修正を行うときに、まず、その前の動作がきちんとできているか、確認をする必要があります。

先日、指導をさせていただいている選手を例にして説明をします。

ボールを離すリリース時に膝が割れていました。(右投げの選手の場合、左膝)

この時に膝が割れないように意識してリリースをしようとしても必ず膝は割れます。

その選手の場合、ステップ動作で左足が着地するトップの時に骨盤が後ろにもたれ(後傾といいます)、体の開きが早い状態になっていました。

その選手には骨盤を立てる(前傾といいます)スクワットの形でステップ動作を行うよう、練習をしてもらうと、リリースでは膝が割れなくなりました。

これはほんの一例ですが、ほとんどの場合、その前の動作ができていない場合が多いです。

修正する場合はその前の動作がどうなっているのかをしっかり確認をしてみましょう!!

福岡県 筑豊地区(飯塚・直方・田川)野球塾 『ピッチングルーム』 

https://www.pitching-room.com

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』