コントロールを良くするためのシャドウピッチングのやり方

こんにちは。

今日はコントロールを良くするためのおすすめのシャドウピッチングのやり方を紹介します。

裸足になってシャドウピッチングを行います。

ただ、裸足になってシャドウピッチングを行うのではなく、足の裏、指先に地面を掴むように行います。

右投手の場合、左足を上げた時は右足の裏と指先に掴むように意識をし、ステップをして、着地の時は左足の裏と指先で掴み、腕を振ります。

なぜ、裸足で行うかと言いますと、唯一体で地面に接地しているのは足の裏と指先です。

足の裏と指先でしっかり支えていないと、安定しませんよね?手先でリリースポイントを合わせようとしても、お尻や股関節などの下半身を意識して投球動作を行っても、地面に接地している、足の裏と指先で支えられずに不安定だと、コントロールは安定はしません。

靴や靴下を履いてシャドウピッチングを行うと指を掴む感覚が養われません。

裸足で足の裏と指先にしっかりと地面を掴むように感じながら行うと軸が安定してきますので、

コントロールが良くなり、しかも地面からの反力を上に伝えることができるので、球速アップも期待できます。

是非、今日から裸足でシャドウピッチングを行ってみてください。

筑豊地区(飯塚・嘉麻・直方・田川)野球塾 ピッチングルーム

https://www.pitching-room.com

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』