肘が上がっているとは?

皆さま、こんにちは。

先日、高校野球の秋季大会を見に行ってきました。

試合の観戦ではありますが、いろんな選手のピッチングフォームやバッティングフォーム、守備の動きやカバーリングなどを見ています。 あるチームのリリーフで投げた二桁の背番号をつけた投手が140キロは出ているのではと思うくらい速い球を投げていました。 しかし、その投手はトップの位置で肘が下がっていました。肘が下がっていると体の回転を使って腕を振ることができないため、投球側の腕だけで投げてしまい、肩や肘に負担がかかってしまいます。 この日は2イニング投げていましたが、先発で長いイニングを投げる場合は途中で捕まるのではと思って見ていました。 肘が上がっているとは、両肩のラインに肘が上がってる状態のことです。電車の車掌さんや駅員さんがする敬礼を作ってみてください。両肩のラインに肘が上がってる状態と思います。トップの位置で肘が上がってる状態が作れると体の回転で腕が振ることができるので、肩や肘の負担も減り、球速や球のキレが増します。 リリーフで投げた投手も肘が上がれば、もっと良い球が投げれ、先発としても十分いけると思います。

ピッチングルームでは正しいトップの作り方、体の回転を使って腕を振る指導を行っています。

是非、ご体験ください。

福岡県筑豊地区の野球塾・野球教室 『ピッチングルーム』

https://www.pitching-room.com/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』