アイシング用のアイスパックの作り方

こんにちは。 前回はアイシングを行う時は氷を使うことが大切とお話しました。 今日はアイシングを行う時のアイスパックの作り方を紹介します。

①写真1のようにビニール袋に氷を適量入れます。  あまり入れすぎないように気をつけて下さい。 15個ぐらいが目安です。

②写真2のように氷を入れたら、きれいに平坦に並べます。  ここがとても大切で、きれいに並べておかないと患部に氷が  当たっている所と当たってない所が出てきますので、凸凹が  ないように並べて下さい。

③写真3のように袋の口に口をあてて、息を吸いながら中の空気を抜きます。  

空気を抜くと、氷と袋がくっついた状態になり、患部にフィットしやすくなります。

④写真4のようにさらに空気を抜きながら、袋を回しながら  袋の口を捻っていきます。しっかり捻れたら縛って完成です!! これをいくつか作っておいて肩や肘にアイシングを行います。 簡単に出来ますので、是非作ってみて下さい。 ※アイシング中の注意として冷たいのは我慢。 逆に痛いと感じた時は凍傷の恐れもありますのでやめて下さい。 時間は15分~20分行って下さい。

Pitching roomホームページ  http://www.pitching-room.com/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』