菊池雄星投手の記事にて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000004-spnannex-base

西武ライオンズの菊池雄星投手の記事です。

記事の途中に『腕は振るのではなく、体に巻き付いて振られる』という文章があります。

全くその通りで、球速アップや球のキレ、伸び、コントロールを安定させるには、股関節や体幹の回転を使って腕を振ることが大切になります。

もちろん肩や肘の負担も減らすことができます。

ピッチングルームでは選手には体(股関節・体幹)の回転を使って腕が振られる感覚を身につけようとお話をし、指導をさせていただいています。

良く、試合中に腕が振れていない投手に『もっと腕を振れ』と言葉をかけることが多いとおもいます。

腕を振ろうとすると、余計な力が入り、手投げになり、スピードやコントロールにマイナスになってしまいます。

こんなときこそ、体の回転を意識してほしいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』