アイシングの正しい知識

こんにちは。 皆さん、投球後に行うアイシングは何を使ってますか? 野球の現場を見ると、保冷剤を使ってアイシングを 行っている選手やチームが多い気がします。 冷やす道具としては、氷、保冷剤、湿布、コールド スプレー等が挙げられます。 この中で一番アイシングの効果があるのは『氷』なんです。 氷の温度は0℃で、保冷剤はマイナスになります。 実は、マイナスの保冷剤よりも0℃の氷の方が 冷やす能力が高くなります。 理科の話になりますが、固体が液体に変わる時の エネルギー(融解熱といいます)の値が、 氷の場合、1gあたり約80カロリーになります。 周囲から80カロリーの熱を奪っているため、 氷を当てている所はその分、冷やされています。 例えば、氷よりも温度が低い、マイナスのドライアイスの 溶ける時のエネルギーは1gあたり約40カロリーで 氷の1/2でかなり劣ります。 保冷剤などの冷たいものほど冷えると思いがちなのですが、 熱を奪う能力が低いのです。 それと、使って炎症が出る場所は皮膚の表面ではなくて、 深い所にある、筋肉や靭帯になります。 深部まで冷やすことができるのは、0℃の氷なんです。 氷は皮膚に密着させることができ、熱を奪う能力が 高いので、冷たさがじわじわと深部まで 浸透していきます。

なので、アイシングは氷を使うようにして下さい。 次回はアイシングの作り方を紹介します。

Pitching room(ピッチングルーム)  http://www.pitching-room.com/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

筑豊地区・飯塚市の野球塾・野球教室『ピッチングルーム』