September 8, 2019

『阪神・藤川球児は、なぜ再び「圧倒的存在感」を取り戻せたのか』https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190904-00000101-sasahi-base

こんにちは。

阪神のベテラン藤川球児投手はシーズン中盤から抑えに回り、防御率1点台と大活躍をしています。

その藤川投手の記事の中で藤川投手が常に大事にしていることが、時間を見つけて何回もストレッチを行うということです。

今年39歳の藤川投手、年齢が上がっていく中で、筋肉の張りが出やすかったり、柔軟性が低下したりとしてきます。ストレッチを欠かさ...

July 10, 2019

こんにちは。

各地で高校野球の予選が始まりました。

3年生にとっては最後の大会になります。高校野球の集大成となります。

その大事な大会で緊張からかピッチャーではストライクが入らなかったり、バッターでは打てなかったりして、自分の持っているものが出せずに終わってしまう選手が多いです。

私のところに来ていただいている選手には必ず、伝えている事があります。

フォームを意識いてピッチングをしたり、バッティングをするようにと伝えています。

ピッチングルームで練習をしている選手はそれぞれ、どこを意識して使っているかを考えながら、確認しながら練習を行っています...

April 19, 2019

『亀梨和也 豪速球プロジェクト 巨人 菅野智之の極意!』 https://youtu.be/-pkhEtOVyyM

皆様、こんにちは。

上のYouTubeにアップされていた動画で巨人・菅野投手がとても大切なことを言っていました。

 動画の3分5秒くらいのところで『いいピッチャーはキャッチボールが違う』と言っていました。

まさにその通りで、いいピッチャーはキャッチボールをとても大事にします。

キャッチボールはウォーミングアップと思っている方が多いと思いますが、フォームチェックなんです。

1球、1級丁寧にフォームを確認しながら行うことで確実に上達し...

March 30, 2019

こんにちは。先週から選抜高校野球が行われています。
テレビの中継で投手のスローの映像が流れます。そこで、投手のスローの映像で是非観ていただきたいところがあります。

 写真の位置はトップとリリースの間のアクセレーションという位置になります。

ここは投球を行うのに一番加速するところになります。
左の写真のように投球側の肘から前腕の位置が地面と平行になっていて頭の後ろに手を持って来ることができると肩や肘の負担を減らすことができます。
逆に右の写真のように前腕の位置が平行にならずに手が頭の上になってしまうと肩に捻りがかかり、肘の内側は引っ張られ...

March 20, 2019

こんにちは。
ピッチングルームでは写真のようなトップの位置を作ることに重点的に指導をしています。
トップの位置はその後の体の回転で腕を振るための準備の位置になります。

トップの位置がきちんとできていないとその後の回転動作は絶対にうまくいきません。

なので、ステップ動作からのトップの位置が作れるかが非常に重要になります。

写真のように右投手の場合、骨盤が三塁側を向き、胸の位置がショートの方向を向いた『割れ』の形、そして両肩ー肘のライン、この2点ができているかがポイントになります。
※写真は左肩が上がり、右肩が下がった両肩ー肘のラ...

December 7, 2018

こんにちは。 今年、11勝をあげ、大活躍した日本ハムファイターズの上沢直之投手のフォームについて私なりの意見でお話をさせていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=ai8c3srgAWQ

この動画は2013年のフォームです。

https://www.youtube.com/watch?v=IbEfwVYE1Qk

この動画は今年のフォームです。

動画の角度の違いはありますが、スローの映像を見た時の左脚の股関節の動きを見てください。

ステップ動作をして左足が着地したトップの位置からボールを離すリリースの位置で、

...

July 26, 2018

こんにちは。

各地で甲子園をかけた戦いが繰り広げられています。

今日は私が思う、良い投手の腕の使い方についてお話をしたいと思います。

是非、高校野球やプロ野球の中継で投手のスローの映像の時にチェックしていただきたいと思います。

①のトップの位置とボールの離すリリースの位置の間の③の位置をアクセレーションといいます。

③の位置で投げる手が頭の後ろに持ってこれていて、リリースする直前まで手が頭の後ろの位置にキープできるかが速い球、スピンの効いた球を投げるためには非常に重要なのです。

弓道の弓を引く動作をイメージしてみてください。弓を後ろにいっぱいに...

June 14, 2018

こんにちは。

ピッチングフォームの動作で問題が生じた時に修正を行うときに、まず、その前の動作がきちんとできているか、確認をする必要があります。

先日、指導をさせていただいている選手を例にして説明をします。

ボールを離すリリース時に膝が割れていました。(右投げの選手の場合、左膝)

この時に膝が割れないように意識してリリースをしようとしても必ず膝は割れます。

その選手の場合、ステップ動作で左足が着地するトップの時に骨盤が後ろにもたれ(後傾といいます)、体の開きが早い状態になっていました。

その選手には骨盤を立てる(前傾といいます)スクワットの形でス...

May 17, 2018

こんにちは。

http://www.hochi.co.jp/baseball/garticle.html?id=20180126-OHT1I50011

https://thepage.jp/detail/20180426-00000004-wordleaf

上の二つの記事の大谷選手の写真を見てください。

リリースをしてフォロースルーに入ったところの写真です。

この時の肘の位置をも見てください。

肘が曲がっていますよね?

リリースでは肘が伸びた状態になりますが、、フォロースルーに入った時には二つの写真のように小指側が上を向き、肘が曲がっている状態に...

April 22, 2018

こんにちは。

先日、高校野球の試合を見に行ってきました。

見に行った試合で投げていた投手が良いボールを投げていて、序盤は1点に抑えていましたが、中盤に点数を取られだし、結果、コールドで負けてしまいました。スピードもあり、キレもあったので、大量失点をするような投手ではないと思っていたのですが、配球がアウトコースばかりになっていて、バッターが2巡目以降、アウトコースを狙って反対方向に打つようになり、点数が入るようになっていました。

バッターを打ちとるにはアウトコースばかりでは、抑えることはできません。特に今の高校野球ではバッティングの技術が上...

Please reload

特集記事